仕事編:通勤しながら運動する(前編)

Rush hourRush hour / janoma.cl

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

通勤でのひと工夫

通勤途中でも運動できる機会はたくさんあります。
大きな運動ではなくても、日頃から少しずつ積み重ねていくことで、
運動不足の解消や筋力の強化・衰え防止に役立ちます。
ここでは、通勤しながら運動する方法をご紹介します。

  • 駅までの距離を有効に使う
  • となり駅まで歩く
  • 車内では座らず立つ
  • エスカレーター、エレベーターは使わず階段を使う

駅までの距離を有効に使う

朝は時間がなくて、つい最短の手段を使ってしまいがちです。
時間を短縮するツールは、たいてい身体が楽するものです。
自転車は歩くよりも楽ですし、自動車は自転車よりも楽です。
でも、あえて身体を動かすような手段を選びます。

例えば、駅まで自動車を使っていたなら自転車に変える、
自転車を使っていたなら徒歩に変える、という風にです。
目安は、自転車でも徒歩でも20分~30分圏内で行けるのが理想です。
自転車も徒歩も有酸素運動ですので、20分~30分という時間は、
ちょうど脂肪も燃やされ、かつやり過ぎない範囲なのです。

これ以上かかってしまうと、負担の方が大きくなって続かなくなってしまうからです。
最初は、毎日でなくても構いません。
天気が良い日や週に2~3日と曜日を決めてみるのもよいでしょう。
無理なく続けることが大切です。

となり駅まで歩く

この運動は、住んでいる地域によってもできる、できないが出てきますが、
となり駅まで歩いて行ける距離に住んでいる方には、是非おすすめの方法です。

その名の通り、最寄りの駅から電車に乗るのではなく、
となり駅まで歩いて電車に乗る、という方法です。
歩くにはちょっと遠すぎる、という方は自転車でもよいと思います。

この運動のメリットとしては、第一に歩く距離が長くなるので運動になる、
ということですが、その他にも、意外に知らない道や最短ルートを発見できたり、
道中に咲いている花や木々を見ながら季節の移ろいを感じることができたり、
穴場的なカフェを見つけたり、と色々な発見ができるのも魅力です。
また、電車賃が少し浮く場合もあります。

最初は最寄駅まで歩いて行って、それに慣れたらとなり駅まで歩く、
という様に徐々に慣らしていってもよいですし、
まず3ヵ月は最寄駅まで歩き、4ヵ月目からとなり駅まで歩く、という様に
目標を立てて取り組んでみてもよいと思います。

特に春先から初夏は、歩くのにもとても気持ちがよい季節です。
ぜひチャレンジしてみてください。

次のページでは、
・車内では座らず立つ
・エスカレーター、エレベーターは使わず階段を使う
ついて詳しくご紹介しています。

     
次の記事へ >>>通勤しながら運動する(後編)

他にもある!仕事中にできる運動

Sponsor LINK!

  • スポーツジム 行徳千葉県浦安のフィットネスクラブ・スポーツクラブ・スポーツジム【スポーツクラブ ルネサンス 浦安】
  • 茨城 ダンススポーツクラブルネサンス水戸のダンススクール情報
  • 世田谷区 スパ都心からすぐ!【スポーツクラブ&スパ ルネサンス 経堂】


カテゴリ記事一覧