運動後の食事

Naked for bulging biceps. 16g protein. High potassium.Naked for bulging biceps. 16g protein. High potassium. / stefanpinto

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

運動後の食事

みなさんも1度は筋肉痛になったことがあると思います。
これは、運動することで筋肉に負荷がかかり、筋肉の一部が破壊され
傷ついている状態なのです。

破壊された筋肉は修復しようとしますが、この時に、筋肉に十分な栄養と休養を与えると、
運動する前に比べて筋肉の量が増えていきます。
このことを、運動の専門用語で「超回復」と言います。
しばらく運動をしないと、増えた筋肉は元に戻ってしまいますが、
この「超回復」をコツコツと繰り返していくことで、
筋肉量を増やすことができるのです。

そして、この超回復を促すのが、運動直後の食事なのです。
もし、筋肉量を増やす目的で運動やダイエットをしているのなら、
運動後に時間を空けず、運動直後にしっかりとした食事をとることが効果的です。

またプロテインやアミノ酸などのサプリメントなども、
筋肉の修復・増加を助けることができます。

しかしながら、激しい運動の直後は血液が筋肉に集中しているため、
消化機能を担っている内蔵の血液が不足している状態になっています。
そのため、内臓の働きが落ち、消化能力も悪くなっています。
この時に消化の悪い食べ物や脂肪分の多いものをとると、消化不良になり
栄養の吸収率も落ちてしまいます。

激しい運動をした直後は、すぐに消化・吸収できて胃に負担の少ない食べ物、
例えば、プロテインや100%ジュース、バナナなどの果物をとり、
少し時間をおいて、しっかりとした食事をとるようにしましょう。
2時間以内には食事を済ませるようにしましょう。

軽い有酸素運動の場合は、そこまで気にしなくても大丈夫ですが、
その日の体調や身体の疲労度によっても変わってくると思いますので、
自分の体調をみながら食事をとるとよいでしょう。
基本的には、運動直後は栄養補給をする、ということを覚えておきましょう。

運動前後の食事:まとめ

  • 空腹状態での運動は避ける
  • 朝起きてすぐの運動は避ける
  • しっかりした食事をとった直後は運動を避ける
  • 運動前の時間によって適した食事をする
  • 運動直後には栄養補給をしっかりとする

前へ <<< 運動前の食事    

Sponsor LINK!


カテゴリ記事一覧