健康効果

healthy snackhealthy snack / havankevin

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

健康効果をもたらす主な運動は、ジョギング、エアロビクス、水泳などの有酸素運動です。
有酸素運動を継続的に続けることにより、様々な健康効果が期待できます。

心肺機能の向上

  • 心筋、呼吸筋の発達
  • 心拍数の低下
  • スタミナアップ

有酸素運動のトレーニングをすることによって、

有酸素運動

適度な負荷がかかる

心蔵の筋肉が鍛えられる

心臓が大きく強くなる

冠動脈も太く元気になる

多くの酸素を取り込める

心肺機能が強くなる

というサイクルが成り立ちます。

冠動脈は、心筋に酸素を送り込んでいる動脈です。
冠動脈が元気ということは、酸素をより多く取り込むことができます。
すると、心拍数を上げなくても速やかに全身に酸素を送りだすことができるのです。
平常時の心拍数も下がります。

また、少しの呼吸でも酸素を取り込む事ができるので、
無酸素的な激しい運動(従来は筋肉中のグリコーゲンをエネルギー源とする)でも、
酸素で体脂肪をエネルギー源として燃焼されるようになります。
取り込んだ酸素を有効的に利用する能力も上がり、スタミナ確保にもつながります。

生活習慣病の予防

  • 狭心症、心筋梗塞のリスク軽減
  • 血圧低下
  • 血液サラサラ
  • 高血圧、大腸がん、糖尿病、骨粗鬆症の発症率の低下
  • コレステロール、中性脂肪の減少

冠動脈に動脈硬化を引き起こすと、動脈の血流が遮断されて、
酸素や栄養が重要組織に到達できなくなり、狭心症や心筋梗塞のなどを引き起こします。

動脈硬化は、脂質異常症やメタボリックシンドロームなどが起因しています。

有酸素運動は、脂肪をエネルギー源として燃焼させるので、
体脂肪や血液中の中性脂肪が減少します。
また、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減少させ、
HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させます。

その結果、動脈硬化を予防し冠動脈疾患のリスクを減少させ、
糖尿病や高血圧、メタボリック症候群、高コレステロール血症などの
生活習慣病やあらゆる病気の予防と改善に効果があるのです。

Sponsor LINK!


カテゴリ記事一覧