運動前の注意点

BloodpressureBloodpressure / campdarby

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

定期的な運動を開始する前に、安全のため健康チェックを行うことが重要です。
自分の健康状態をチェックすることで、身体にかかるリスクを知り、
運動が可能かどうかを確認するとともに
運動中に起こりうる事故や障害を未然に防ぐことができます。

体調確認

日々のコンディション確認

健康であっても、その日その日の体調は常に変化しています。
運動前に自分の体と向き合い、体の声に耳を傾けてみましょう。

  • 頭痛や熱、風邪の症状はないか
  • 食欲不振や腹痛、下痢などの消化器症状はないか
  • 睡眠不足、過労、身体のだるさはないか
  • 関節の痛みはないか
  • 前回の運動の疲れは残っていないか
  • 血圧の測定(高めの人は必ず測定する)

 →運動前の収縮期血圧が160mmHgを超える時は、散歩やストレッチ程度の軽めの運動にとどめる
 →180mmHgを超える時は運動を控え主治医やトレーナーに相談する

潜在的な疾患の有無

疾患があるかどうかの判断は、医者や専門機関で診断してもらうことが必要です。
フィットネスを始める一番最初は、健康診断などで
自分の体の内側の健康状態を知ることから始めるのが理想的です。
万が一、疾患を見落としたまま運動をした場合に
重大な事故や障害を引き起こす可能性も考えうるのです。

  • 冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)の危険因子がないか
  • (高血圧、喫煙の習慣、高コレステロール血症など)

  • 心血管疾患(胸の痛み、めまい、失神など)の兆候、症状がないか
  • 肺疾患(せき、たん、喘息など)の症状はないか
  • 代謝性疾患(糖尿病(1型、2型)、甲状腺疾患、腎臓疾患、肝臓疾患)はないか

また、体調だけではなく、フィットネスをする環境についても
事前に確認しておくことが大切です。

例えば、近所でウォーキングやジョギングをする場合のコースは、

  • 交通量が多い所ではないか
  • 街灯等の設備があり夜間でも暗すぎないか

など事前にチェックすることで、事故を防ぐことができます。

交通量が多い場所は、排気ガスなどの大気汚染が懸念されます。
大気汚染は、活性酸素を発生させる原因でもあり、
呼吸器疾患やアレルギーなど身体に様々な悪影響を及ぼします。

また、フィットネスクラブに通う場合は、通う場所も大事なポイントです。
自分のライフスタイルにフィットネスをどう組み込むか、
例えば、主婦の方でしたら平日の家事の合間に通える場所がいい、
会社勤めの方は、仕事が終わってすぐ行ける会社近くのフィットネスクラブがいい、
もしくは、通勤の通り道にあるフィットネスクラブの方が通いやすい、
などあると思います。

また、複数のフィットネスクラブを見比べて、自分に合ったクラブを選ぶことも、
長く続けられるポイントです。

Sponsor LINK!

  • スポーツジム 名古屋週100本以上のプログラムが受け放題!【ルネサンス名古屋熱田】
  • 橋本 サッカースペインサッカー協会公認スクール!ジュニア世代に最適な環境でトレーニング
  • ジム 熊本初めての方も安心♪経験豊富なトレーナー、スイミング・テニスコーチが万全サポート!


カテゴリ記事一覧