空手スクール

KarateKarate / The Consortium

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

空手の魅力

古くから男の子の習い事として人気を集めているのが「空手」です。
日本の武道の一つである「空手」には様々な魅力があります。

空手の「叩く」(パンチ)「蹴る」(キック)という基本的な動作は、
持久力と筋力を強化し、日常生活を健康的に送るための
体力の基礎作りにとても適しています。

また、空手を習うことにより忍耐力や勇敢さなど、
優れた精神性を育むことができることも魅力の一つです。

道具を一切使わずとも素手と足だけで強くなることができるため、
自分に自信をつけるには持ってこいの習い事だと言えるでしょう。

年齢層

空手は年齢を問わず、何歳からでも始めることはできますが、
やはり子供の頃から習い始めるというのが一般的には多い傾向にあります。

もちろん、20代や30代になってから始める方もたくさんいますが、
大会への出場などを本格的に目指して取り組むのであれば、
やはり経験の年数がハンディキャップとなることはありえます。

また、空手は気軽に楽しめるスポーツとは一線を画していますので、
全く運動をする習慣がなかった30代・40代の方が
いきなり始める、というのはあまりおすすめできません。

空手の基礎知識

空手とは、もともと琉球王国時代の沖縄で発祥した格闘技で、
拳と足を使って打撃をする格闘技です。
日本では大正時代に沖縄から他の都道府県に伝えられ、
徐々に広まっていきました。

現在では世界各地に広まり、代表的な格闘技スポーツの一つとして
親しまれています。

「型」と「組手」

空手には「型」と「組手」という二つの基本構成があります。
この二つを練習することが空手の基本となっています。

「型」とは一人で演武する空手の練習形式のことを指し、
各種の技を決まった順序で演武していきます。
演武の時間は型によって数十秒から数分間続いていきます。

それに対して「組手」は、二人で実施する練習形式のことを指します。
決められた手順に従って技を掛け合っていく「約束組手」と、
自由に技を掛け合う「自由組手」、
さらには勝敗を目的とした「組手試合」
という3つの組手が存在しています。

段級位制・色帯性

空手には段級位制・色帯性が導入されています。
詳細は空手の流派によって異なることもありますが、以下が一例となります。

上記のように、帯の色により段級位が分かるようになっています。

空手に必要な道具

空手衣

空手の練習をする際に着ます。白衣上下が基本となります。

防具

空手の中に「防具付き空手」という試合形式があります。
「防具付き空手」の場合には、防具を着用して臨みます。

空手スクールを選ぶポイント

指導者がしっかりしているか

空手を学ぶ上では、指導者の存在が大変重要になってきます。
空手は打撃があり、危険を伴うスポーツでもありますので、
指導者を信頼することができないと、練習自体が怖くなってしまうこともあります。

練習における厳しさは重要ですが、指導者の人間性や、
信頼できるタイプかどうか、ということも確認することをおすすめします。

スクールに通っている年齢層

年齢層があまりに異なると、練習をする際に問題が出てくることがあります。
ジュニアスクールであれば問題はありませんが、
成人で空手スクールに通う場合には、どのような年齢層の方が
多く在籍しているかも事前に確認しておきましょう。

流派は大事?

初めて空手を習われる方だと、流派などをスクール選びのポイントに
置こうとする方も多いかと思います。

しかし、流派以上に大事なのは、空手を習う目的です。

  • 喧嘩に強くなり、自信をつけたい
  • 護身術として学んでおきたい
  • 黒帯を目指して本格的に取り組みたい
  • あくまでスポーツとして取り組みたい

など、空手を習う方の目的は様々です。

空手を続けていく上では、流派による違いがどうかということよりも、
自身の目的とマッチした運営スタイルのスクールかどうか
ということのほうが重要になってくるケースがほとんどです。

実際に、空手を始めてから続けるかどうかを悩んでしまう方の多くは、
流派や流儀に関する悩みではなく、スクールの雰囲気や練習形式が
自分の希望と合わないことから悩んでいます。

最初に目的をしっかりと決めることが、長く続けていくコツです。

Sponsor LINK!


カテゴリ記事一覧