水中ウォーキング・水中ジョギング

Headless body in swimming poolHeadless body in swimming pool / Ed.ward

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

水中ウォーキング・水中ジョギングとは?

水中ウォーキング・水中ジョギングは、水中の中を歩く運動です。
水中浮力によって体重の負荷がかからないため、陸上運動に比べて足・膝などの
下肢への負担が少ない有酸素運動です。

水中を歩くことで、水圧や水の抵抗力によって筋肉が鍛えられ、
十分な呼吸をしながらできる有酸素運動によって、心肺機能も鍛えられます。

フィットネスクラブでは、自分の体力レベルに合わせた運動強度を知ることができ、
正しい姿勢や動き方などを習得したり、心肺機能の向上や脂肪の燃焼を図るプログラムなどがあります。


こんな人にオススメ!

  • 足腰の弱い人
  • 肥満気味の人
  • 運動不足の人
  • 妊婦さん
  • 泳ぎが苦手な人
  • ダイエットをしたい人
  • 優しい運動で筋肉を鍛えたい人
  • 心肺機能を鍛えたい人

水中ウォーキング・水中ジョギングは、重力の負荷が軽減されるので、
肥満気味の人や、足・膝が弱い人、運動不足の人などに適した運動です。
もちろん、子供からお年寄り、妊婦さんも安心して行なえるプログラムです。

水泳のように技術が必要ないので、泳ぎが苦手な人でも
手軽に楽しめるトレーニングです。

また、体力をつけたい方やダイエットをしたい人にもオススメです。
筋力トレーニングをしながら有酸素運動もできるので、
筋肉を落とすことなく脂肪を落とすことができます。

期待できる効果

まず、水中ウォーキング・水中ジョギングは、有酸素運動であること、
そして、筋力トレーニングもできるということから、
ダイエットや筋力維持、心肺機能の強化といった効果が期待できます。

脂肪燃焼

有酸素運動は、酸素を取り込んで脂肪をエネルギー源として消費します。
呼吸が保てる程度の運動を長時間継続すればするほど、脂肪もどんどんと
燃やされ消費されていきます。

また、筋力が鍛えられ筋肉量が増えれば基礎代謝量もあがり、
より多くの脂肪が燃焼されます。

リバウンドのない、健康的なダイエットが実現できます。

心肺機能向上

有酸素運動をすることによって、体に適度な負荷がかかり心臓の筋肉も鍛えられます。
すると、多くの酸素が取り込めるようになり、心肺機能が強くなるのです。

心肺機能が高くなると持久力が上がりますので、他のスポーツなどの
パフォーマンスも高まると言われています。

また、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

ポイント・注意点

体重が増えても続ける

水中ウォーキング・水中ジョギングを始めると、最初の2〜3カ月ほどで
筋肉がつき始めるため、一時的に体重は増加します。
ダイエットを目的としている方は、「体重が増えているからダイエットできていない」
と思い、トレーニングをやめてしまいがちです。

しかし、ここで続けることがダイエット成功につながるポイントなのです。

筋肉が増えると基礎代謝量も増えるので、何もしなくても消費される脂肪の量も増えます。
つまり、「太りにくく痩せやすい体」が作られているのです。
さらに継続することで、次第に体重も落ちていくはずです。
水中ウォーキング・水中ジョギングはダイエットに最適なエクササイズなのです。

呼吸を乱さない

水中ウォーキング・水中ジョギングは有酸素運動をすることに意味がありますので、
無理をせず、呼吸が乱れない程度の速さで歩くことがポイントです。

歩き方や姿勢を意識する

まずは、水の抵抗が少ない腰くらいまでの深さのところで、
正しい歩き方や姿勢を練習し、徐々に慣らしていきましょう。

また、初めはバランスが取れず思うように歩けないこともあります。
プールの壁につかまったり、誰かに支えになってもらったりしながら、
ゆっくりと歩いてバランスを取る練習をしましょう。

慣れてきたら徐々に歩き方にバラエティを持たせたり、
違う動きをプラスしていきましょう。

水中ジョギングも水中ウォーキングに慣れてきてからの方が、
効果的なエクササイズができると思います。

関連記事

Sponsor LINK!

  • プール 練馬区眺望最高!最上階の屋内プール!『なりたい自分』になれるルネサンス
  • 葛飾区 プール水の特性を最大限に利用したアクアプログラムが充実!
  • 東武東上線 プール「朝霞台駅」から徒歩0分!天然温泉など充実の温浴施設!


カテゴリ記事一覧